バストアップにお勧めな事、お勧めでない事

大きなバストはやはりバストが小さい女性にとっては魅力的なもの。

バストアップのために努力している方もいるかもしれませんが、バストアップのために良いと言われて言われている事の中には、実は体に悪影響を与えてしまうものもあるのです。 バストアップのためにお勧めな事と、そうでない事をお伝えします。

お勧めな事の一つ目は規則正しい食事と生活をする事です。美しいバストはやはりきれいな生活習慣から出来あがります。

きちんとした食事でしっかりと栄養を取る事と、寝る時間と起きる時間に気を付ける事でこちらもホルモンバランスが整って、バストにも効果が出てきやすくなります。 まずは自分のできる部分から改善していきましょう。

二つ目にバストアップブラです。 胸の周りの筋肉をしっかりと前に持ってくる効果があり、自然な方法でバストアップできます。

また、体が仰向けや横に向いているため、バストが背中や横腹に流れやすい寝ている間も、バストアップブラをつけておく事でバストのお肉をしっかりと保つ事ができ、大きなバストに繋がります。

続いてあまりお勧めしない事ですが、一つ目はバストアップの手術です。 手術では胸にシリコンを入れるなどの処置を行いますが、これだと結婚して子供ができた時に、赤ちゃんを母乳で育てられない可能性が出てきます。

また、乳腺炎という症状が出てしまい、トラブルになってしまう事もあります。 体質によってはアレルギーになる方もいますし、確かにバストアップはできますが、体への負担が大きくなるので、あまりお勧めはしません。

二つ目はマッサージです。 マッサージと言うととても効果的なイメージがありますが、やってはいけないのは自己流で行うマッサージです。 特に胸をもむとバストアップに効果的という話がありますが、これは間違いです。

むしろ逆にバストの脂肪が溶けてしまい、小さくなる事もあるくらいなので、やめましょう。 マッサージ自体が悪いわけではなく、自己流で効果的かもと思うマッサージは行わず、正しい方法を行う事が大切です。

ページの先頭へ