バストアップと乳腺の関係

バストには乳腺という母乳を分泌する腺があります。 この乳腺が発達すると母乳が出るようになるのですが、これに合わせてバストも大きくなる事が知られています。

乳腺の周りには乳腺脂肪体というものがあり、これがバストの大きさや柔らかさの要因となっています。

乳腺が太くなると乳腺脂肪体の量も多くなり、バストが大きくなります。 つまりバストアップのためには乳腺を太くすれば良いという事になります。

では乳腺をどのようにして太くしていくかという事ですが、これは女性ホルモンが関係しています。

女性ホルモンは女性らしい体つきを作るのに必要な体の成分で、女性なら誰もが持っている成分です。

ですが、人によって個人差があり、また生活習慣によっても分泌される量は異なってきます。沢山分泌されると乳腺も太くなるという事になります。

女性ホルモンは10代~20代の思春期や成長期に多く分泌されており、この間にきちんと女性ホルモンが分泌された人はバストが大きくなりやすいです。

逆にこの間にあまり分泌されないと、それ以降分泌される量は減る一方なので、バストがあまり大きくならないままになってしまいます。

20代の後半から女性ホルモンの分泌量を増やすには天然のサプリメントなどに含まれる女性ホルモンの分泌を促す効果のある成分を多く摂る事です。

定期的な摂取で女性ホルモンがしっかりと分泌されるようになり、乳腺が刺激され、バストアップに繋がります。

バストを大きくしたい方はぜひ、天然成分由来のバストアップサプリを取り入れてみると良いでしょう。

また、乳腺を直接刺激したいからといって、胸や乳首を自分で揉む事はお勧めできません。 乳腺脂肪体は柔らかいので無理に揉むと脂肪を溶かしてしまう事にもなってしまったり、乳腺も外部からの強い力で細くなってしまう事もあるためです。

そのため、正しいマッサージ方法で刺激したり、体の内側から働きかけるような刺激方法で行いましょう。

ページの先頭へ