バストアップには10代からの3つのポイントが関係

バストの大きい人に憧れる方も多いと思います。 同じように生活していてもバストの大きい小さいが出てきますが、違いは遺伝によるものももちろんありますが、それ以外の原因でもバストの大きさは変わってきます。

そしてそれは日々の生活習慣によっても改善する事ができるものです。 ポイントに気をつけて生活していけば、バストアップに繋がるので、意識して生活してみると良いでしょう。

一つ目のポイントは食生活です。 食生活のバランスが良いと、栄養が胸にもしっかりと行き渡り、バストが発達しやすくなります。

特に10代、20代の頃はバストが発達しやすい時期で、この頃にしっかりと食事で栄養を取るとバストが大きくなりやすいです。

食べ過ぎは良くありませんが、ダイエットに気をつけて食事を抑えている人ほど、バストの発達がしにくくなります。

二つ目は生活習慣です。 規則正しい生活リズムで生活していると、ホルモンのバランスも整い、女性ホルモンの分泌量が多くなります。

女性ホルモンは女性らしい体つきになるのに必要な成分で、多く分泌されるほど、バストも大きくなり易くなります。

こちらも10~20代にかけてきちんと食事をし、夜更かしをあまりせずに寝て、朝もしっかり起きているとバストが大きくなります。

三つ目は適度な運動です。 運動をして胸筋が鍛えられると、しっかりと胸を支える事ができるため、バストアップに繋がります。

また、ブラジャーをきちんとして運動をしていると、激しい動きでバストの発達が妨げられる事がないため、大きくなりやすくなります。

10代からの成長期にかけて、この3ポイントをしっかりと押さえていた方はバストが大きくなっています。

20代も半ばや30代になってしまうと女性ホルモンが分泌される量が減り、上の3つだけではバストが大きくなりません。

女性ホルモンを多く分泌させる効果のあるバストアップのサプリメントなどを摂ると、バストアップに繋がります。

ページの先頭へ