バストアップにつながる生活習慣

バストアップサプリメント > バストアップサプリだけ飲んでいれば大丈夫?

バストアップサプリだけ飲んでいれば大丈夫?

バストアップサプリは天然由来の成分で、女性ホルモンの分泌を促すため、バストアップに効果があります。 ただし、サプリメントを飲んでいるだけで大丈夫かというと、実はこれは間違いです。 生活習慣が不規則なまま、サプリを飲んでいても、あまり効果は大きくありません。

逆に言うと、生活習慣を改善していくのと合わせてバストアップサプリメントを飲んでいくと、健康や美容にも良く、合わせてバストアップの効果も期待できるという相乗効果があるのです。

寝る時間が遅い、起きる時間もバラバラ、食べるものも間食が多かったり、肉類が多い、好きなものに偏りがちなど、挙げるときりがありませんが、こういった偏ったバランスの生活習慣、食習慣はホルモンバランスにも大きな影響を与えています。 この状態にサプリメントを取り入れても、それだけでは中々改善には繋がらないのです。

就寝・起床の時間を規則正しくし、食生活も野菜を取り入れ、間食を減らし、水を多く飲むようにすると健康的な体質になっていきます。 最初に全てを一気に改善するのが難しければ、少しずつ変えられる部分から変えていきましょう。 体の調子にも大きな変化が出てくるため、続けるのも楽しくなりますし、むしろこちらの方が良いと感じるようになってくるはずです。

こういった状態になった時にバストアップサプリを取り入れると、その効果は加速します。 きちんとした下地が作られているため、サプリ本来の女性ホルモンの分泌を促す効果がしっかりと働き、バストアップに繋がります。 これにさらにバストアップブラも併用していくとさらにバストアップのスピードアップに繋がります。

ただし、やはり個人差はあるので、即効性を期待するよりは、ある程度の時間がかかる事は頭に入れておきましょう。 遠回りに見える方法が実は近道とは良くいわれますが、バストアップに対しても同じ事が言えます。

きちんとした生活をして、そこにバストアップサプリでプラスの効果を与えていくのがお勧めの方法と言えます。 時間はかかるかもしれませんが、得るものは大きいので頑張ってくださいね。

バストアップのためにはブラジャーを!

バストアップを妨げるものはいくつも存在しますが、ノーブラで生活することもそのひとつです。

特に夏などはブラジャーが煩わしいもの、ノーブラやブラカップのキャミなどで過ごしてしまう人も少なくありません。昼間はきちんとブラをつけていても、帰宅してシャワーを浴びた後はノーブラ、という人も多いようです。

ですがこの行動が、バストアップとは逆のこと、つまりはバストが下がってしまう状況を生み出してしまう可能性があります。

女性のバストは大変繊細です。弾力のある美しい形を下バストを作っているのは、クーパーじん帯というじん帯になります。ですがこのじん帯はバストが揺れてしまうと、伸びてしまったり切断されてしまうじん帯なのです。

さらには一旦クーパーじん帯が切断などしてしまうと、二度と同じ形状には戻せません。

つまりはきちんとブラシャーをつけていないケースだと、バストには悪影響を与え、もしかしたらクーパーじん帯が伸びてしまったり、切断してしまったり、という事が起きるかもしれない、ということになります。

バストを作る脂肪が増えてくるのはアラサー前後になりますが、柔らかいバストになってしまうと揺れる回数も、動く回数も増えてくるものです。

ブラジャー着用の状態でも動きやすいバストは、ブラカップつきのキャミやノーブラの状態では揺れを止めることは難しいといえます。

そしてその回数が増えてしまう事でクーパーじん帯は伸び、切断に至ってしまうかもしれません。 近頃胸が落ちてきたかも、形が悪くなってきたかも、という方がいらしたら、ノーブラで過ごしていないか思い返してみましょう。

また睡眠時のノーブラというのも、美しいバストを作ることの邪魔をしています。昼間はバストアップのためにもブラジャー着用の女性も、眠っているときはノーブラ、という方は少なくありません。

ですがノーブラのまま上を向いて横たわっているケースでは、バストはあちこちに動いてしまうでしょう。人によっては睡眠時間は8時間もあります。このような長い時間バストが流れた状態でいると、バストアップはままなりません。

眠る時のバストを助けてくれるアイテムに、ナイトブラというものがあります。ナイトブラにはワイヤーは入ってませんが、バストが自由に移動してしまうのをできる限り抑制してくれるものです。ノーブラ状態で眠るよりは、断然バストアップに近づける事ができます。

ほんの僅かな努力で数年後のバストの形が変わってきます。バストアップのためにブラジャー着用という、生活習慣の見直しを行っていきましょう!

1日10分で夢のバストアップを

バストアップを目指したいと思っていても、毎日忙しくてその時間を作る事ができない、といった女性もいるのではないでしょうか。ですが1日ほんの10分だけバストをマッサージする事を毎日続ける事で、バストアップさせる事ができると聞きます。

80センチのCカップだった方が、マッサージを継続する事で、5センチもバストアップに成功しました。勿論体質によっては異なりますが、1日10分でしたら、試す価値はありますよね。

その方法は、ベースになる三つのポイントが重要です。一つ目は二の腕から背中に向かってマッサージすること、二つめは今よりも柔らかいバストを目指すこと、そして最後は乳腺を丈夫にするためにつぼを活用すること。この三つです。

まずは肘からマッサージを開始します。脇を抜けて、目指すはデコルテです。これを10回ほどリピートして下さい。

次は肩甲骨周りの血の巡りを促していきます。肩甲骨からマッサージをはじめ、デコルテに向かっていきます。

イメージとしては脂肪をデコルテに向かって流す感じ、と言ったらわかりやすいでしょうか。リンパの流れを促すようにマッサージしていきましょう。こちらも10回リピートします。

血の巡りが良くなると、肩甲骨に蓄積した脂肪がバストに流れていくことが期待できます。その後ワキの凹んだ部分に親指以外の指を押し込み、親指で10秒ほどワキの下をマッサージして下さい。

ワキの下をマッサージする事でスムーズにリンパが流れていきます。また背中や二の腕をマッサージすることによって、血流を良好にする事が可能です。

そしてバストを柔らかくする方法ですが、バストの血行を良好にする事で叶います。なぜバストを柔らかくする必要があるのかというと、バストが強張ってしまっているとブラジャーの中に寄せる事ができないからです。

バストを柔らかくして寄せ、谷間を形成していって下さい。下から首の方向に向けて引き上げていきましょう。その際はバストトップの上部を親指が通るようにするのがお勧めになります。

次にバストアップのためのツボですが、胸の谷間ができる中側からバストトップ付近に凹んだ場所があります。そこは「しんぽう」というツボで、女性ホルモンを活性化させる働きを持っています。乳腺の成長を後押しするツボです。

手の平全体でバストを支え、放射状に拡大している乳腺を、円を作るようにアプローチしていきましょう。親指のお腹の部分を活用して、円を描きます。その後ワキの下から脂肪を移動するようにマッサージしていって下さい。

この方法を実行する時間は、体が温まっている入浴時がオススメです。2セットを1日10分間、毎日継続する事で、理想のバストへと近づける事ができるでしょう。